FC2ブログ

人生、都合良くやり直しは効きませんが、再開発なら可能でしょうか?

再開発は進んでいるか? ~無職再生工場の跡地~ 
http://gets777.blog4.fc2.com/

ブログランキング参加中!

応援クリック頂けたら幸いです

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへにほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
人気ブログランキングへ

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネガティブ投票、投票用紙の謎、聞き間違ったはずの選挙の人件費。

2009/08/31 01:11|ニュースTB:0CM:0
どうしても選挙の話になってしまうのですが、日付変わって、焦点は民主党が単独で3分の2議席を確保するか否かになってきました。
「責任力」を連呼した自民党が、まさに責任を問われてしまったのは、ある意味国民の民意が反映されたのかな?とも思えますが、「これほどまでに振り(れ)幅が大きいのか」と各選挙特番で有識者が述べています。まさにそれを象徴するのが、この3分の2という数字です。

そして、小選挙区というものの怖さ、不完全さを如実にあらわしている結果となりました。
前に「僕の選挙区では投票したいと思える人がいない」と言いました。
所属政党うんぬんではなく、各候補者に魅力を感じなかったからです。
これとは全く逆の理由で、各党の選挙協力の関係で、自分の支持政党所属の候補者がいない選挙区で投票した人も多いと思います。
結局僕は、小選挙区は白票を投じるか…投票所で鉛筆を握る瞬間まで悩んで、結局、所属政党を理由に候補者を選びました。

たとえば栃木3区。ここはみんなの党の渡辺喜美氏と幸福実現党の斎藤克巳氏の2人しか立候補がいなかった。いくら渡辺氏が強固な地盤を持っているとはいえ、これで正確に栃木3区の民意を反映できるのでしょうか。栃木3区の投票率が非常に気になります。
(自民が栃木3区に候補者を準備できなかったのは、負け戦をしたくなかったのか、準備期間が足りなかったのか、それとも選挙後の協力を模索していたからなのか…勉強不足ゆえに分かりません。)

極端な例を挙げてしまいましたが、要するに決してポジティブに選んだ訳ではない候補者に投票せざるを得なかった人が多数いることを言いたいわけで、全国でそういった票を殆ど引き受けたのが民主党、あるいは、民主党と選挙協力をした党の候補者だった(みんなの党はまだ正式に連立政権への参加を表明していませんし、渡辺氏の例はちょっと特殊ですが)、と言えるのではないでしょうか。
個人的には、比例区だけでなく、全体にバランスよく定数を削減して、選挙区の区割りを見直し(1票の格差を無くす意味でも)、もう少しネガティブな理由による投票を減らすことが大切だと思ってます。



さて、夜が明けると…まさに新しい夜明け。民主党による新しい政治の始まりです。
振り幅があまりに大きかったこと、これを選挙制度のせいばかりにしてもいられません。
これを後悔しないためには、しっかりと見守っていくことが大切だと思います。同じようなうねりで、民主党が舵取りを誤ったときに審判を下す。そのためには日ごろから判断材料をしっかりと蓄積することが重要だと思ってます。

さて皆さんは、今度の選挙、ポジティブな理由で候補者を選べましたか?

話はそれますが、投票用紙。きつく折っても箱の中で自然に広がるという紙。確かめてきました。
フィルム加工してあって、二重に折ったくらいでは簡単に広がります。こういう新技術で開票作業にかかる時間を短縮し、人件費や光熱費を節減しているそうです。勉強になります。
そういえば、今日の投開票によって臨時出勤した公務員の日当、いくらかご存知ですか?
全国一律ではないはずですが、何だかどっかの人達は6万円とか何とかTVで言ってました。聞き間違いだと思いますが……間違ってますよね?間違っているはずです。そんなわけは無い。そう信じたい(鬱)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://gets777.blog4.fc2.com/tb.php/333-14959c19

いつまで続くかな?

皆様からのコメント

リンク

★僕のおすすめブログ&サイトです★

※ご迷惑な場合は、お手数ですがコメントを通じてリンク削除をお知らせ下さい※  このブログをリンクに追加する

blogpet

プロフィール

落人

Author:落人
出身:大阪(現住所同じ)
生年月日:昭和5○年生まれの30代。
嫁(派遣事務社員・大学の同級生)と二人暮らし。資格は運転免許だけ、経歴・外見・知力…オール低レベルと文句なし。
 
【略歴】
某国立大農学部中退後、大阪のとある私大経済学部卒。
在学中はアミューズメント関連施設のチーフ職として、殆どを働いて過ごす(大学では単位取得と特定講義のみに全力を注ぐ)。
 
卒業後、OA関連営業職を1年経験、その後流通業界へ転職し、複数店舗の運営管理・従業員指導・企画などを担当。業界独特の長時間・不規則勤務と、父親の介護が重なり過労で倒れる。
 
退職後、静養を経て自暴自棄になり 遊び人→主夫(引きこもり) へと成り果て、ブランク期間は気づけば1年以上。金銭的にも、精神的にも限界に達し、一念発起して08年9月より再就職活動開始。09年1月に、全く未経験の教育業界(塾経営)から内定を頂き、09年3月に再就職。
 
このブログは、そんな男の再就職までの道のりと、日々の戯言を記録。そして……
09年3月以降は、元引きこもり目線で、まぶしい世の中の様子、会社での出来事、嫁様との暮らしぶりを綴っていく、どうでもいいブログです。

皆様にお読み頂いた数

 |  無職な日々 | ニュース | スポーツニュース | 芸能・音楽ニュース | 転職(再就職)活動の記録 | 我が家のこと | 社会復帰後の様子 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 再開発は進んでいるか? ~無職再生工場の跡地~ 
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。